CLOSE UP
CLOSE UP2018.07.01

今、注目のブランドSNOW PEAK その最新ニュース

今、注目のブランドSNOW PEAK その最新ニュース

snowpeak

アウトドアで楽しむファッション

今、ファッショニススタからアツい注目を集める日本ブランド「スノーピーク」。日本発のおしゃれアウトドアブランドとして、ファンがどんどん広がっている。スノーピークのポリシーやコレクションの魅力に共感するたちたちが続々。そんなスノーピークの魅力を現した最新コラボや新作商品が今年は相次ぎリリースされているので、まとめてご紹介!

https://www.snowpeak.co.jp ☎0120・010・660

 

 

テーマは“Salty Camp”

〈マジックナンバー〉とコラボ登場

“自然に対するリスペクト”をブランドの根幹に持つ〈スノーピーク〉とファッションブランドの〈MAGICNUMBER(マジックナンバー)〉がコラボしたアイテムが登場。アートワークにはアーティストでありサーファーでもあるタイ・ウィリアムスを招き、ビーチサイドやサーフキャンプで活躍するファッション、キッチンアイテムをリリース。

1

1-3-2

“Salty Camp”のアートワークをプリントしたUSコットンTシャツ。背中側にはポケットが付いており、キャンプで使う小物を入れることもできる。6480円。

2

1-3-3-1

1-3-3-2

軽量、撥水、ストレッチが効いたドットエアサーフキャンプシャツ。1万8144円。

3

1-3-5

オリジナルロゴが入ったカッティングボードセット。ケースを開けば裏側がまな板になる優れもの。5724円。

4

1-3-6

アートワークのロゴが入ったチタンシングルマグカップ300。キャンプだけでなく自宅でも使いたい。3240円

 

 

 

outdoorkimono

 

創業101年の着物店とコラボ

アウトドアで着物を楽しもう

日本の伝統衣装でもある着物に、アクティブなイメージがある人は少ないはず。そんな中、着物専門店〈きものやまと〉と〈スノーピーク〉がアウドドアシーンでも気軽に着ることができる「アウトドアキモノ」をリリース。帯をしなくても着用が可能で、バックルベルトで着物のように着ることも、コートのように羽織ることも可能だ。「アウトドアキモノ」はスノーピーク直営店、オンラインストア、Y.& SONS各店、BEAMS JAPANにて取扱中

特設サイト はhttps://www.snowpeak.co.jp/sp/outdoorkimono

 

1

1-2-4

アウドドアキモノ グリーン4万2120円

2

1-2-2

キャンプの朝晩は思ったよりも気温が下がることも。コートのようにオシャレに羽織るのも◎。

 

 

LOCAL WEAR

服を通じて知る“地方”の魅力

服と体験を通じて文化を継承する

全国各地で、その土地の働く人のためのワークウエアを作る「LOCAL WEAR by Snow Peak」が4月2日から始動。最初のプロジェクトは<スノーピーク>の創業地でもある新潟県。また職業体験ツアーや工場見学ツアーも開始。今服と体験を通じて、各産地に根付いたライフスタイルや文化を伝えていく。このプロジェクトに合わせ、スノーピーク東急プラザ銀座店が「LOCAL WEAR by Snow Peak」のコンセプトショップとしてリニューアル。モデルになった地方の写真などが飾られていて、ローカルウエアの世界観が表現されているので、要チェック。「LOCAL WEAR by Snow Peak」のアイテムは直営店にて取扱中

1

1-4-2

モデルは地方産業を支える地元の人を起用。その地方で働く人だからこその着こなしが美しい。

2

1-4-4

伝統的なディティールを取り入れたアイテムの他にも、日常使いしやすいアイテムもラインナップ。現代のワークシャツ。2万4000円。

記事一覧に戻る