TREND NEWS
TREND NEWS2017.06.19

大阪で出会う一点モノ

大阪で出会う一点モノ

話題の新店を訪ねて

1415

大阪の地で体験する

“一点モノ”との出会い

image

!cid_15bc31bf6154344ff2db

!cid_15bc31bbfd1bd1272f9

大阪の北堀江にオープンした店「1415(ワンフォーワンファイブ)」。東京・中目黒にある「103(ワンオースリー)」の姉妹店として、こだわりのブランドを発信するユーティリティーショップだ。

優れた品質と耐久性で信頼のある、アメリカ・シアトル発のブランド「フィルソン」や、ラグジュアリーとコンテンポラリーをハイブリッドしたコレクションで人気のロンドンの「オリバー・スペンサー」など、アメリカやヨーロッパを中心としたブランドを数多く取り揃えている。

また、普段は店頭に並ぶことのない“一点モノ”のサンプルを含めたアウトレット品の展開があるのも一押しのポイント。さらに、日本未紹介ブランドのポップアップイベントなども開催予定とか。訪れる季節や時期によって、印象が大きく変化するこのショップは、何度も訪れてみる価値がありそう。ここでは、偶然の出会いや不思議な縁でつながる“モノ”が見つかるはず。

 

1415(ワンフォーワンファイブ)

大阪府大阪市西区北堀江1-14-16

☎︎06・6556・7606

 

おススメBest3

1

_X6C2791

オイルドフィニッシュの質感に加え、ほどよくクラシックで高級感を感じさせるデザイン。バックパック 5万1840円(フィルソン)

2

_X6C2893

確かな生産背景を持つブランドならではの遊び心が感じられるアイテム。ジャケットスタイルのハズしアイテムに。シャツ 1万7280円(ポルチュギース フランネル)

3

_X6C2880

リラックス感のある麻素材を使用しながらも、フォーマルな雰囲気が漂う一着。ジャケット 4万6440円(オリバー・スペンサー)

記事一覧に戻る