TREND NEWS
TREND NEWS2016.09.11

そごう・西武×カールラガーフェルド

そごう・西武×カールラガーフェルド

百貨店のそごう・西武は、デザイナーのカール・ラガーフェルドとコラボレーションしたプライベートブランドを発売する。30~40代のキャリア女性に向けた仕事服で、衣料から雑貨までトータルルックを揃えている。

画像①

カールラガーフェルドは、「シャネル」、「フェンディ」などのデザイナーを務めた、世界を代表するデザイナーのひとり。そごう・西武では、プライベートブランド「リミテッドエディション」でコラボレーションして、
「リミテッドエディション・バイ・カール・ラガーフェルド」レーベルとして商品を発売する。

商品は
1 スーツ、セットアップを軸としたフォーマル、
2 ワンピースや上下単品を組み合わせたワークスタイル、
3 機能性や着回しを重視したビジネストリップの3ライン

会議や商談、出張、レセプションなどのお仕事やドレスアップシーンに対応した50型を揃える。雑貨はハンドバッグをはじめ、名刺入れ、ポシェットなど幅広く、全体の4割の構成比まで高める。

百貨店のプライベートブランドらしいコンサバ加減を保ちながら、世界のトップデザイナーのデザイン性やエレガントさを細部に盛り込んだ、きちんと感とファッション性のバランスの良い洋服になっている。

画像②

「働く女性のために、着心地が良く、なおかつ楽しく仕事ができる服を作りたかった」とフランスのカール・ラガーフェルド社のキャロライン・ルベールコミュニケーション責任者は話す。ラガーフェルドらしい、ツイード素材や光沢感のあるディテールのデザインなどを使い、「一見するとベーシックな服でありながら、よく見るとカール・ラガーフェルドの服であることがはっきり分かるデザインにこだわっている」という。「働く女性に華やかさと彩りを加え、日本のオフィスシーンをより素晴らしいものにしたい」ことを、カール・ラガーフェルド、そごう・西武ともにめざした。

ジャケット2万3000~3万3000円、ドレス1万9000~2万7000円。販売は西武池袋本店、そごう横浜店など14店のほか自社ECサイト。

松本隆そごう・西武社長は「モードのパワーを得て、百貨店でしかできないコラボレーションブランドが実現した。シンプルで美しい女性服をリーズナブルに提供したい」と話している。

記事一覧に戻る