WHAT’S TREND NOW
WHAT’S TREND NOW2016.06.08

2016年相次ぐ新店・新ブランド そのポイントはーー 4つのキーワードで解説

2016年相次ぐ新店・新ブランド そのポイントはーー 4つのキーワードで解説

2016年、春の新店・新ブランド総まとめ!

新店・ブランドの裏にはこんなストーリー

新宿に登場したルミネの新館「ルミネ・ニュウマン」、銀座・数寄屋橋にオープンした「東急PLAZA銀座」、アトレ恵比寿の新館・アトレ恵比寿西館など、今春はファッション・トレンド業界をにぎわす楽しみな新スポットが続々とオープン。コンセプトやテーマが例年以上にユニークなのも特徴。そこで、センケンアッシュでは改めて、今春の期待の新店をプロの目線で4つのテーマで改めて総ざらい。これが2016年の新トレンドショップの見所!

 

1 原点回帰

セレクトショップの原点をもう一度――そんなコンセプトのお店が増えている。「アーバンリサーチ」の東急PLAZA銀座店は、ほぼセレクト品で勝負する店。ビームスは、原点とも言える新宿のタワーBEAMS JAPANを世界に向けてセレクト力・表現力を見せる場として、全館リニューアル。「アパルトモン」は全店舗を青山店だけに統一。スタートの地でブランドの原点と感性を全面に押し出した新旗艦店に。

セレクトショップが全国に広がる今、自社オリジナル品は不可欠。けれどセレクトショップは「目利きのプロ」。そんな魅力を伝えるために取り組む原点回帰の新店に注目。

 

BEAMS JAPAN

THEME1-A_opt

 

アーバンリサーチ東急プラザ銀座店

THEME1-B_opt

 

 

2 ジェンダーレス

もうひとつ気になるテーマは、ジェンダーレス。性別や年齢を超えて、みんなで楽しめるお店作りにも磨きをかけている。ルミネ・ニュウマンではシップスが新しいメンズ・レディス複合ショップ「SHIPS BLUESTORE FAB」、メンズ「エディフィス」とレディス「イエナ」も新しい複合ショップをデビュー。女性に人気の「ミズイロインド」は、初のメンズブランド「ミディウミソリッド」を作り、ミズイロインドと複合した新店「マーコート デザインアイ」を、東急PLAZA銀座に初オープン。ファッションデザインでも徐々に男女の境がなくなり、新しいユニセックススタイルも生まれている。注目のジェンダーレス型のショップも要チェック。

 

SHIPS BLUESTORE FAB

THEME2_opt

 

 

3 テーマパーク

ファッションショップの提案がライフスタイル全体に広がるなかで、今春登場したのがまるでミニテーマパークのような、空間自体を作る新店。銀座ソニービルの地下駐車場をリニューアルして登場したファッションスポット「The PARK・ING」は代表例。「スナイデル」や「emmi」などの人気ブランドを持つファッション企業マッシュグループは、アトレ恵比寿西館の3階をジャック。ファッションブランドに、オーガニックフードやスイーツコスメまで、1フロア全体をマッシュな生活に演出した。店作りを越えて、スポット開発のような新店も新たな見所。

 

THE PARK・ING

THEME3_opt

 

 

4 名店のチャレンジ

セレクトショップの中では名門とも言えるところが期待の新店を作っているのも、見逃せない。「ビューティ&ユース」は、ブランドの新たな顔となる新旗艦店「エイチ ビューティ&ユース」をオープン。圧倒的なスケールと斬新さは必見。トゥモローランドがルミネニュウマンに新しく作った「スーパーティーエルエム マーケット」も、自社のアーカイブのリメイク品まで置くユニークなお店。「ザ コモン テンポ」などを手掛けるファッション企業ビヨンクールも、新しいチャレンジとなる新店「ノマディック ライフ マーケット」をオープン。店の品揃えやポップアップコーナーが次々と変わっていく新手法の店。

 

エイチ ビューティ&ユース

THEME4_opt

記事一覧に戻る