WHAT’S TREND NOW
WHAT’S TREND NOW2016.05.30

今一番人気のブランドは!? SELECT SHOP BRAND OF THE YEAR 2015-2016

今一番人気のブランドは!? SELECT SHOP BRAND OF THE YEAR 2015-2016

SELECT SHOP “BRAND OF THE YEAR”

2015–2016

今、一番人気のブランドは!? 注目のニューフェイスは!? 全国人気ショップと一緒に選定

 

全国人気ショップとともに、今日本で一番人気のブランド・これからのトレンドを生み出す期待の新ブランドを選び出す「セレクトショップ・ブラド・オブ・ザ・イヤー」。今回は、2015年春夏と2015~2016年秋冬を振り返って、この1年に店頭でもっとも人気だったブランド、次にブレイクしそうな躍進ブランドを選定。評価の基準は、全国人気ショップからのリアルな投票数のみ。人気ショップで今、一番ブレイクするブランド、次世代の期待を集めるブランドはコレだ。

 

今もっとも人気を集めるブランド

Best Sales Brand

 

VETEMENT早くも

Sacai/HYKEは鉄板

 

VETEMENTS

今、ファッション界でもっとも話題を集めるデザイナーのデムナ・シヴァサリアが作る「VETEMENT」(ヴェットモン)が早速ランクイン。ストリートラグジュアリーなコレクションは、一躍ヨーロッパのファッションシーンの主役に。人気ショップのバイヤーも店頭で一押し。ファッション好きにもファンを広げ、今のトレンドをリードする。

 

 

RED CARD

デニムリバイバルを支えた主役として、デニムウエアブランド「RED CARD」(レッドカード)も大ブレイク。MADE IN JAPANの生地と縫製で作られる国産プレミアムデニムのトレンドセッターは、そのクオリティとスタイルで、2015-2016にもっとも売れたデニムブランドに成長。

 

 

Stella Mccartney

今シーズンも「Stella Mccartney」(ステラ マッカートニー)人気は断トツ。エレガンスとかわいらしさをミックスした現代の女性像を描き続け、店頭での売れ行きも高い実績を残す。

Stella Mccartney

 

 

PHILIPPE AUDIBERT

彫刻家でデザイナーのフィリップ・オーディベールが作る仏のジュエリーブランド「フィリップ・オーディベール」が、一気に大ヒット。アンティーク・ビンテージ調のデザインを、シルバーやゴールドと「スワロフスキー」クリスタルを組み合わせて作るモダンさが魅力。多くのモデルが、1万円以下で買えるリアリティもミックスして、人気ショップに相次ぎ広がっている。

 

PHLLIPE AUDIBERT

sacai

もはや定位置の「sacai」(サカイ)が今回もしっかりランクイン。お店のテイストやシーズン、お客の世代も超えて、安定してファンを持つ、日本を代表するファッションブランドの存在感。

 

sacai

 

HYKE

sacaiに続き、「HYKE」(ハイク)も昨年から連続してしっかりランクイン。ベーシックなウエアを素材やパターン、ディテールの技巧で非凡に見せるクリエーションは、今の時代にぴったり。長く着られ、店頭でも自信を持って薦められるブランドとの声をたくさん集めた。

 

HYKE

 

次の主役になりそうなブランド

UP Comming

 

FACETASM圧巻

AULALEE/77circaも日本ブランド躍進

 

AULALEE

2015年にスタートしたドメスティックブランド「AULALEE」(オーラリー)がレディスで初のランクイン。ベーシックなアイテムを揃えたコレクションでも、ほかと違うのは、独自のシルエットと生地。人気ブランドでパタンナーなどを務めたデザイナー岩井良太がその経験と日本トップの素材メーカー・縫製工場とともに作る、シンプルでも、存在感に違いの出るハイクオリティの服で、ファンを拡大中。

AULALEE

 

 

RE DONE

デニム人気の次を担いそうなのは、アメリカLA発の「RE/DONE」(リ/ダン)。「リーバイス」のビンテージデニムのカスタムコレクションからスタートし、世界で唯一リーバイス社から公式カスタムを認定されているデニムブランド。ビンテージ感いっぱいのカスタムとオリジナルコレクションも加え、トップブランドへの階段を上昇中。

 

REDONE

 

 

 

FACETASM

東京デザイナーブランドのこれからを引っ張る存在FACETASM(ファセッタズム)が、店頭の売れ行きも一気に伸びる。東京らしいレイヤード感覚や、ストリートとモードを融合したクリエーションでドメスティックブランドの先頭を走り、これからの期待大。

FACETASM

 

 

77cira

「77circa」(77サーカ)という名の新進ドメスティックブランドが一気に浮上。サーカはラテン語で「約」の意味。1977年前後に生まれたデザイナーたちが、その感性と育ってきた文化を今のファッションに落とし込むユニークなブランド。70年代を彷彿させるレトロなグラフィックやフォルムを今の気分に再現した世界観でこれからが楽しみなブランド。

 

77circa

 

SAIMON MILLER

アメリカのセレクトショップのオーナーで、複数のプレミアムデニムブランドのディレクターも手掛けるサイモン・ミラーが作る自身のブランド。日本のデニム生地を使い、LAで縫製するジーンズが看板モデルだが、そんなデニムに合うボヘミアンな雰囲気のアクセサリーが人気急上昇。バッグやシューズ、ジュエリーなど雑貨アイテムは、70年代トレンドの空気感にぴったりはまり、注目のブランドに。

SAIMO MILLER

 

 

投票店リスト

ADAM et ROPE

ADAM et ROPE BIOTOP

aqua girl

L’Appartement DEUXIEME CLASSE

DEUXIEME CLASS

IENA

Ron Herman

DES PRES

GALERIE VIE

LAND OF TOMORROW

URBAN RESEARCH

URBAN RESEARCH DOORS

BEAMS

RAY BEAMS

Demi-Luxe BEAMS

International gallery BEAMS

Spick & Span

PARIGOT

DESIGNWORKS

FREAK’S STORE

TOMORROWLAND

RESTIR

SHIP JET BLUE

SHIPS

AMERICAN RAG CIE

Brilla per il gusto

EDIFICE

JOURNAL STANDARD

JOURNAL STANDARD relume

BARNEYS NEW YORK

ESTNATION

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

UNITED ARROWS

UNITED ARROWS & SONS

Fred Seagal

BABY LONE

GALLARDA GALANTE

 

 

MENʼS

メンズも人気ブランドと新進の競演

有名ブランドの新たな一面も

 

今もっとも人気を集めるメンズブランド

Best Sales Brand MEN’S

MONCLER/TAGLIATOREトップ得票

 

TAGLIATORE

大人のメンズ市場で数年前から、大ブレイクをしているイタリアのスーツ・ジャケットのファクトリーブランド「TAGLIATORE」(タリアトーレ)。ファクトリーブランドながら、色気とトレンドを盛り込んだテーラードウエアで、クラシックな層だけでなく、モード寄りのショップにまで徐々に広がり、イタリアメンズの新しいファンを開拓中。

TAGLIATORE

TAGLIATORE

 

 

 

KIJIMA TAKAYUKI

ハット人気の中心的存在としてブレイクしたのが、日本の「KIJIMA TAKAYUKI」(キジマタカユキ)。90年代、「クール」を手掛けた帽子デザイナーの木島隆幸が、2013年から始めたハットブランド。オートクチュールの帽子作りを学んだ木島がその技術とセンスをリアリティのある現代の男のハットに落とし込んで、店頭からのアツい支持を集めた。

KIJIMA TAKAYUKI

KIJIMA TAKAYUKI

 

MONCLER

メンズで今、一番売れているブランドはやはり今シーズンも「モンクレール」。暖冬だった2015-2016年秋冬でも、不動の人気を誇り、ファッションショップの店頭を盛り上げた。ナイロンダウンに留まらず、ウールやカシミヤ、またモッズコートタイプなど幅広いモデルが売れるのが、他のアウターブランドの追随させないモンクレールの独自の魅力。

MOCLER

MOCLER

 

 

SNOW PEAK

新潟発のアウトドアライフスタイルブランド「SNOW PEAK」(スノーピーク)のアパレルラインが初のランクイン。アウトドアやスポーツなどをファッションと融合した"アスレジャー"がキーワードになるなか、ブレイク。山でのアクティブライフに耐える本格機能を搭載したアウトドアブランドとして展開してきた「スノーピーク」が、ファッションシーンでも主役に。

SNOW PEAK

SNOW PEAK

 

メンズ次の主役は…

Up Comming

7×7/VAINAL ARCHIVE/PARM ANGELS

 

メンズ次世代の注目ブランドは、

いずれも本企画・アッシュ誌面にも初登場の

楽しみな新進ブランド。

 

7×7

サンフランシスコの古き良き空気感とそこで生まれる古着の風合い。そんな世界をモダンに表現したドメスティックブランド「7×7」(セブン・バイ・セブン)が初受賞。7マイル×7マイルの街サンフランシスコがブランド名の由来。ビンテージのバイヤー経験もあるディレクター川上淳也が手掛けるアメリカンビンテージデザイナーズの世界は必見。

 

7×7

7×7

 

PARM ANGELS

LA発「PARM ANGELS」(パーム・エンジェルス)も多くのメンズバイヤーが次の注目ブランドに推し、得票を集めた。フォトグラファーで、「モンクレール」のアーティスティック・ディレクターなども務めるフランチェスコ・ラガッティが手掛けるメンズウエア。セクシーで、どこかデカダント(退廃的)なグランジ風のメンズスタイルは、今の気分にぴったりのブランド。

 

PARM ANGELS

PARM ANGELS

 

VINAL ARCHIVE

90年代にウラハラブームを作った名セレクトショップ「MADE IN WORLD」出身のデザイナー大北幸平が作る「VINAL ARCHIVE」(ヴァナル・アーカイブ)も初登場。大北が作るのは、古着や歴史を超えた名品などへのマニアックな愛着を、今の時代の洒落っ気でくすっと笑ってしまうような軽やかな感性でレイヤードするスタイル。今年からさらに大きくブレイクしそうなブランドだ。

VINAL ARCHIVE

VINAL ARCHIVE

 

 

本企画・各ブランドへの問い合わせは、h-staff@senken.co.jp

記事一覧に戻る